高濃度PCBの処分期限が迫っています

高濃度PCBの処分期限が迫っています

高濃度PCBの処分期限は2021年3月31日です。期限内に処分しないと罰則があります。

PCBが潜んでいそうなところ

<キュービクル>
工場、店舗、ビル、マンション、事務所などの電気設備

<照明器具>
店舗や事務所の蛍光灯器具
商店街アーケードや屋外の電灯など

 特に、昭和52年(1977年)以前に建てられた建物内外の照明器具の安定器のPCBが含まれている可能性があります。

 安定器の銘板を確認することでPCBが含有しているのかどうかをわかるようです。(チラシに裏面参照)

PCBの処分には期限があります

高濃度PCBの処分期限
2021年(平成3年)3月31日

 来年に迫っています。業者の手配などの関係ではやめにチェックすることをオススメします。

 期限内に処分しないと罰則があります!