尾浜商店街 むかし近所にあったような商店街

尾浜商店街 むかし近所にあったような商店街

商店街入口

 JR尼崎駅から徒歩で約20分、産業道路沿いの尼崎信用金庫さんのところが商店街の入口です。
 反対側入り口は五合橋線増にあって、こちらはJR立花駅から徒歩約15分、なんとも微妙な場所に立地しています。(バス路線は西側入口の五合橋線の方が便数が多い)

あ~という感じの商店街

 商店街入口から見ていると、あ~ありました、うちの近所にあった商店街というのか、商売をしている家が集まっているところ。整備された道路沿いではなくて、古くからある旧街道や旧道といわれるところ、地方の街なかには必ずある商店街です。

 画像のようにアーケードなし、自動車は通行できる道のようですが生活道路といってよく、私が滞在しているあいだの車両通行量はゼロでした。

名月姫と尾浜

 名月姫とは、平安時代後期の実在したらしい女性の物語。名月姫の供養塔が尾浜八幡神社にあって、尾浜商店街のシンボルとして名月姫をかかげています。ただ、名月姫については能勢町にも言い伝えがあるみたいです。
→尾浜八幡神社(グーグルマップ)

店舗

 日曜日だったので、メインの鈴木靴店が休みでした。残念。

 ニシイチドラッグはここが本店ですね。